スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君の瞳に乾杯 イングリッド・バーグマン

スウェーデン出身の女優。
イングリッド・バーグマンさん。
ingrid_bergman3.jpg


生まれつきの美貌と演技力を兼ね備えていた。
ingrid-bergman-10_convert_20120407130012.jpg

ingrid_bergman2_convert_20120407124519.jpg

ingrid_bergman4_convert_20120407125304.jpg

ingrid_bergman1_convert_20120407125633.jpg

ingrid-bergman-69_convert_20120407131650.jpg

Ingrid-Bergman-7_convert_20120407130038.jpg

ingrid-bergman-56_convert_20120407131720.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

外せない

美女として外せませんね。
「誰がために鐘は鳴る」が一番好きな彼女の映画です。
反対に受け入れられなかったのが「ジャンヌ・ダルク」。
彼女の知性が出演させたのでしょうが、ミスキャスト?

yoshikoさんのコメントをいただいて すぐにこちらへ。
いつも楽しみにしています。
今月からツタヤでDVDを借りることにしました。
お薦めの映画を観ましょう、こちらも楽しみ!

Re: 外せない

マダム コメントありがとうございます。

> 美女として外せませんね。
確かにそうですよね。

> 「誰がために鐘は鳴る」が一番好きな彼女の映画です。
「カサブランカ」は観ましたが「誰がために鐘は鳴る」はまだです。
是非観てみようと思います。

> 反対に受け入れられなかったのが「ジャンヌ・ダルク」。
> 彼女の知性が出演させたのでしょうが、ミスキャスト?
そうなんですね。さすがのバーグマンでも似合わない役があるのですね。

> yoshikoさんのコメントをいただいて すぐにこちらへ。
> いつも楽しみにしています。
ありがとうございます。私もマダムのブログをいつも楽しみにしていますよ。

> 今月からツタヤでDVDを借りることにしました。
> お薦めの映画を観ましょう、こちらも楽しみ!
是非ご感想などを聞かせてくださいね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。