スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可憐! クリスティーネ・カウフマン

ドイツ出身の女優。
クリスティーネ・カウフマンさん。
kaufmann-9_convert_20120527161344.jpg


可憐な美しさ
kaufmann-3.jpg

美少女!!
kaufmann-5_convert_20120527161730.jpg

kaufmann-7_convert_20120527162018.jpg

kaufmann-4.jpg

kaufmann-11_convert_20120527162147.jpg

kaufmann-10_convert_20120527162337.jpg

kaufmann-6_convert_20120527162516.jpg

kaufmann-8.jpg

kaufmann-1_convert_20120527162700.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

美少女

こんばんは。
美少女ですね~
やっぱり私は昔人間でクラッシックな美人が好きなようです。
あの頃は美女ぞろいで映画のポスターを見るだけで
憧れたものです。
服装もエレガントだったし、女性らしいプロポーションが
求められた時代でもありました。

私は今でもバックパックのかばんは背負えません。
子供のときに、遠足に行く時だけに許されたバッグでした。
ズボンも穿かせてもらえなかった時代!
昔がいいとはいいませんが、女らしくしていたのは事実です。

Re: 美少女

マダム、コメントありがとうございます。
> 美少女ですね~
ほんとに美少女という言葉がぴったりですよね。

> 服装もエレガントだったし、女性らしいプロポーションが
> 求められた時代でもありました。
今見てもエレガントな着こなし、美しいプロポーションでミステリアスな美女が
たくさんいて、永遠の憧れです。今にはない美しさがありますね。

> 私は今でもバックパックのかばんは背負えません。
> 子供のときに、遠足に行く時だけに許されたバッグでした。
> ズボンも穿かせてもらえなかった時代!
> 昔がいいとはいいませんが、女らしくしていたのは事実です。
女らしくというと嫌悪を感じる方もいるかもしれませんが優しさや柔らかさ
というのは女性の特性で、大切なことだ思います。マダムのエレガントさは
子供の頃から培われてきたものでしょうね。男が男らしく、女が女らしくあった
時代に生きてみたかったなぁなんて思ったりします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。